エリーの那由多ブログ

「多芸は無芸」な主婦が、親子で学べるブログを目指しながらも、あらゆる突拍子もない話題について語ります。

14年ぶりにTOEICを受けて

先週の日曜日に1年ぶりにTOEICの試験を受けるため、岡山に遠出しました。

香川県では、他のほとんどの県より先んじて「香川せとうち地域通訳案内士」制度が今年度から創設されることになっていて、過去5年以内のTOIECのスコアが730点以上が応募条件となっています。私の14年前の910点というスコアは無効ですので、一念発起受験を決意した訳です。

うつ病に罹っているからこそ、病気と闘うためにも、受けなければいけないと、弱い自分にはっぱをかけての挑戦でした。

とにかく、昼間の眠気に悩まされている私にとって、2時間という試験の間中、果たして集中力が持つのかどうかがとても不安でした。

対策のための勉強は、スマホのアプリでリスニング問題を解いてみるのと、車で英単語と例文のCDを聴く程度で、あまりガリガリとはしませんでした。

休養が必要な身分なので、あまり根をつめず、あえて平常点を測ってもらおうと、試験に臨みました。試験前の移動時間と待ち時間の間はほとんど居眠りしていました。

リスニングは、時々頭が真っ白になって聴き取れなくなって焦ったり、リーディングの問題を解くための時間が足りず、テンパってしまいそうになりましたが、何とかできるところまでやりました。最後の5問が時間切れで解けませんでした。それだけ思考が鈍っているのだなと感じてしまいました。本質的にのんびり屋なので仕方がありません。

それでも、試験終了後にはそれなりに心地よい達成感を感じています。色々問題を抱えた今の私が、できるだけのことはできたと言えると思います。

何より、14年前に胸に抱いていた夢が、まだ変わらず自分の胸の中に残っていることに気付いて、嬉しく思いました。

結果が届くまでそわそわしますが、なるべく毎日英語に触れるようにしたいなという気持ちを新たに、これからも頑張ろうと思います。応募条件を満たすスコアが取れていることを祈るばかりです。

f:id:EllyFP:20180626161314p:image