エリーの那由多ブログ

「多芸は無芸」な主婦が、親子で学べるブログを目指しながらも、あらゆる突拍子もない話題について語ります。

私の寛ぎのひととき

今週のお題「リラックス」

私は、起きている時間は育児や仕事にそのほとんどを費やしているので、リラックスできる時間が足りないのが悩みの種です。

仕事中にリラックス不足がたたり、いけないとは分かっているのに、ついついインターネットサーフィンに依存してしまって、父にしょっちゅう怒鳴られています。さすがにそれはリラックスしすぎ。うつ病という病気のせいにするのはずるいと分かってはいるのですが、衝動を抑えることができないので自分でも困っています。

そんな私が本当にリラックスするために、ほんの僅かの寛ぎのひとときを過ごすことができるのは、他の何よりコーヒーを飲む時です。

薬の副作用も手伝って、増え続ける体重に歯止めをかけるため、最近、お砂糖はなるべく抜くことにしています。

お気に入りのコーヒーカップで、熱い淹れたてのコーヒーをそっと一口啜る瞬間の悦びは、色々なストレスをじんわりと溶かしてくれます。

カフェインは摂りすぎると不眠の原因になってしまいますが、私の場合、夜に飲むのは避けて一日に二、三杯くらいまでなら大丈夫なようです。

そしてさらに、コーヒーを飲みながら、読書もできれば最高の組み合わせです。

今は村上春樹さんの本を主に読んでいますが、私は同時進行で複数の本を読むのが好きなので、日本史関連、特に仏教関連の本も勉強がてらに読んでいます。もっと時間があればと思うのですが、少しずつしか読めず、もどかしい思いをしています。

     

仕事をしなくても良いくらい裕福ならば、私は本の虫になるのだろうか、それとも、忙しいからこそ読書がしたくなるのだろうか、とも思います。

私は、もし自由な時間がありすぎたら、かえってオンラインゲームに夢中になってしまう可能性もあります。オンラインゲームは少しの時間なら楽しめるのですが、やり過ぎると体調が悪くなるので気を付けないといけません。

だから、ひょっとしたら、私のワークライフバランスはこれくらいで丁度いいのかな、とも思います。

もう一つのリラックス方法は、今年の誕生日に自分に買ったスイングビートというエクササイズマシンを使うことです。腰、腕、太もも、ふくらはぎ、顔に至るまで、全身に振動を与えることで、ダイエット効果が期待できるという優れ物です。これもなかなか使える時間が確保できないのですが、楽しみの一つになっています。

最後に、ブログを書くのも、私の大切なリラックス方法であることも、書くのを忘れてはいけません。

以上、私なりのリラックス方法は、育児や仕事での充実した生活があってこそ、成り立っているのだろうと思われます。オンオフを上手に切り替えて、空いた時間を上手に使えるようになりたいものです。