エリーの那由多ブログ

「多芸は無芸」な主婦が、親子で学べるブログを目指しながらも、あらゆる突拍子もない話題について語ります。

Becoming a part-timer again 取締役からパートに戻ります

(日本語は下にあります。)

I had been a director of my father’s company for more than one year, but he decided to promote me downstairs to an ordinary part-timer. There are a few reasons for his decision;

Firstly, I was diagnosed with depression after I was appointed as a director. And I need to take some rest. Secondly, my second son has been showing some developmental disorder, and I have to take him to hospital periodically. Furthermore, he bites his friends at the after-school childcare, and my husband’s younger brother is very angry because my second son often bites his daughter. So I cannot leave him there for the time being. Because of the problems, I cannot work hard and long enough to keep up my father’s expectation as a director.

I think the responsibility I was expected to fulfill in the position was too heavy for me form the beginning anyway. I wonder why he appointed me such a position first of all. Did he expect me to be the subsequent boss? When I was hesitating to be appointed as a director, he even threatened I would have to let others decide what our company would become of when he becomes unable to work. I had no choice but to accept the position. I never said I wanted the position.

I hope my life will improve, though my wage will decrease. Health and parenting are the most precious things for me.

 

一年間以上にわたり、父の会社の取締役になっていましたが、父は私を普通のパートに戻すことに決めました。その理由はいくつかあります。

まず、私が取締役に任命されてから後にうつ病と診断されたことです。それで私には休養が必要です。次に、次男が発達障害の兆候を示しており、病院に定期的に診察や言葉のリハビリを受けに行かなければならないことです。その上、次男は預かり保育でお友達を噛むそうで、主人の弟さんの娘さんをしょっちゅう噛むと言われ、治らないのでしばらく預かり保育に入れられなくなってしまいました。

そういう訳で、私は父が期待する程長くも一生懸命にも働けないということです。

いずれにせよ、最初から私には取締役という役職が務まるはずもなかったのです。そもそもなぜ父が私を取締役にしたのかが分かりません。後継ができた気分でも味わいたかったのでしょうか。最初私が引き受けるのを戸惑っていた時、自分が働けなくなったら会社を他人にどうにかされてもいいのかと脅されたくらいです。私は取締役という役職を受け入れるしかなかったのです。決して取締役になりたかった訳ではありません。

これから賃金は減るでしょうが、生活は改善することを期待しています。

健康と育児は私にとって一番大切な事なのですから。

f:id:EllyFP:20181001173901j:image