エリーの那由多ブログ

「多芸は無芸」な主婦が、親子で学べるブログを目指しながらも、あらゆる突拍子もない話題について語ります。

まるでロボットのように

みなさんこんにちは。

今日は子供関係の用事で、会社はお休みして、少しの休息時間をブログ執筆に充てています。

 

昨日の朝も、鉛のように重い体を持ち上げて、子供達のお弁当を作り、なんとか夏休み中の預かり(アフタースクール)に送り出し、会社に出勤しました。

 

母によると、会社の社長である私の父は、先日、母を連れて私の病院に押しかけて、お医者様に、私が昼間眠いのは薬のせいではないかとわざわざ聞きに行ったそうです。お医者様は、無論、私の昼間の眠気は病気のせいだとおっしゃったそうです。又、父に「あなたは間違っている」ともおっしゃったそうです。

 

私も、とにかくなんとかして睡眠障害を克服したいと思い、先週末に漢方薬局に久し振りに相談しました。精神科に受診する前に処方を頂いて以来ずっと行っていませんでしたが、精神科の薬だけでは、夜は眠れるようになっているものの、どうしても昼間の眠気がなくならないので、高額な薬を買わなければいけないことを覚悟して行きました。結果、前の処方とは異なる処方を頂くことになりました。漢方薬局の先生の見解では、病院の薬の副作用で昼間も眠くなってしまっているのではないかとのことでした。父と漢方薬局の先生の意見が、それぞれの立場から、奇妙な一致を見せている状況です。

 

とはいえ、今まで飲んできた病院の薬を急にやめると、又夜眠れなくなったり、せっかくおさまっている耳鳴りがぶりかえしたりするのではという不安感もあり、急にやめるのは怖いです。

 

そんな訳で、基本的に両方を飲み続けていますが、たまに勇気を出して試しに朝の病院の薬を控えてみたりもしています。今のところ、どちらにしても昼間も眠いです。まだ日が浅いので結論を出すには時期尚早だと思いますが。

 

昨日は職場では、なんとか一日中デスクで仕事を続けられました。でも、眠気との闘いは相変わらず厳しく、カフェインが絶やせませんでした。

 

父は、そんな私を見て、母に私が「ほとんど寝ていた」と言っていたそうです。

 

又、勤務時間中、ちょっと休憩がてらに私用でiPhoneでPDFファイルを確認したりしていると、父は私の後ろに立ち、私を背後から睨みつけていたようです。

 

父はヘビースモーカーで、しょっちゅう休憩に外に出てタバコを吸っています。スモーカーは休憩ができるのに、ノンスモーカーにはちょっとした休憩も許されないのでしょうか。私の集中力が勤務時間中ずっと絶え間無く続くとでも思っているのでしょうか?

 

昨日は私なりに眠気と闘いながら必死で仕事をしていました。それでも父は家で母に私の勤務態度について不平不満ばかりこぼしているそうです。

 

必死で頑張っても、帰ってくるのは文句ばかり。決して褒められることはありません。仕事は全て完璧に出来て当たり前、それが父の娘に対する考え方です。

 

私もこんな体調では転職なんてできる状況ではないですし、父の会社も私がいなくなったら、システム管理者がいなくなってしまって、困ってしまうには目に見えています。

 

父も病的に私を支配しようとする、そのストレスがなくならない限り、私の体調も良くならないのかもしれない、そんな気がします。

 

どうすれば良いのか分からず、青色吐息ばかり出ています。会社では父の望むようなロボットになるしか、私には道はないのでしょうか?

 

f:id:EllyFP:20180807145019j:image